広島市南区東本浦町にあるグリーン薬局です

痛みの相談

痛みの相談について

痛み

当店が取り組んでいる漢方薬の考え方は、扶陽(ふよう)学説と呼ばれているものです。
それは、人間は物質である「陰」と、エネルギーである「陽」の2つが体の中でバランスを取っていて、これが崩れる事により病気になると考えられています。

陰と陽では、特に陽の方がより大切であると考えられ、火神派とも呼ばれています。
冷たいものの摂りすぎ、薄着、外界の寒さ、体質的に寒がり、食べすぎや飲みすぎにより、いらない物がたまり気血の流れが悪くなり、経絡や関節を犯して腫れたり痛んだりします。

漢方治療

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional